物件購入時の仲買手数料の効果的な値引き交渉

仲買手数料の値引き交渉は可能なのか

物件の購入は、人生における最大の買い物と言えます。
少しでも金額を抑えたいところですが、実際に支払う金額は物件自体の価格だけではありません。
その他経費の代表的なものとしては「仲買手数料」があります。

仲買手数料の金額は、宅地建物取引業法によって上限額が定められており、この「上限額」という点が重要なポイントです。
まずはその計算式ですが、売買価格が400万円を超える取引の場合は、以下ようになります。
「売買価格 × 3パーセント+6万円+消費税」で、基本的にはどの不動産400万円を超えるので、この計算式が大体当てはまります。
そしてほとんどの不動産業者では、上記の計算式による上限額を当たり前のように請求してくるのですが、あくまで「上限」なので、本来は値引きされても問題ない金額のはずなのです。

ではこの金額の値引き交渉はできるのでしょうか?
仲買手数料を安くしてもらうことはできないのでしょうか?
基本的には、難しい場合が多いと言えます。
なぜなら通常仲買手数料は不動産業者にとって大きな収入源だからです。
また、仲買手数料とは不動産業者が提供しているサービス全般に対する「成功報酬」であるため、会社の方針として値引き交渉を一切受け付けないといった業者が多いのも事実です。

しかしやはり、購入する側にとっては、このような諸経費は少しでも安くおさめたいものです。
実際に値引き交渉を試みる人は多くいます。
そして運よくその交渉がうまくいくこともありますので、そういった方法をこのサイトではご紹介していきたいと思います。
物件購入時の参考にして、人生最大で最良の買い物をしてくださいね!

TOPへ戻る