物件購入時の仲買手数料の効果的な値引き交渉

不動産購入の仲買手数料は安くできる?

大手不動産業者と街の不動産屋さん

大手の不動産業者の場合、ほとんどの場合に仲買手数料は上限額を請求されます。
そして、大手であればあるほど、値引きを受け付けてもらえない場合が多い傾向にあります。
中には、「値引き交渉は受け付けない」との社内の規定が設けられている会社もあるようです。

そして地域密着型の街の不動産屋さんですが、こちらも基本的に仲買手数料は上限額を請求されることが多いようです。
値引きに関しても大手の不動産業者と同様の場合が多いですが、例外として応じてもらえることもあります。
例えば、売買価格が数億円にも昇る高額な場合です。
売買価格が高額であれば、その仲買手数料も必然的に高額になるためです。
また、上記に限らず、例えば「両手取引」になる場合など、柔軟に応じてくれることもあるようです。
ちなみにこの両手取引といったケースだと、大手不動産会社でも応じてくれる可能性があります。

交渉は可能なのか

仲買手数料の値引きは、その不動産会社の方針によるところが大きいです。
また、その物件自体の価値にも関係してきますので、まずはダメ元で不動産業者に相談されてはいかがでしょうか。

先にも述べた通り、仲買手数料は不動産業者の大きな収入源ですので、容易に値下げしてくれることはありません。
しかし、こちらも大きな買い物をするわけですから、物件購入時には、申し込み前に積極的に交渉しみることをおススメします。
応じてくれるとラッキーぐらいの気持ちでいてもいいかもしれませんね。
その不動産業者自身の顧客が買主である場合には、業者は売主と買主の両方から利益を得る「両手取引」になります。
こういった場合には、大手不動産業者であっても値下げに応じてくれることが期待できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る