物件購入時の仲買手数料の効果的な値引き交渉

交渉方法は?

確約しておくということ

これは複数の不動産業者によって同じ物件が紹介される場合に使える交渉方法です。
その中から一つ、評判の良い不動産業者を選択します。
そして、その会社の担当者に「必ずあなたの会社から物件を購入するので、仲買手数料を値引きしてほしい」といった交渉をするのです。

この方法がなぜ有効かというと、通常、不動産売買における仲買手数料は成功報酬であるためです。
一生懸命お客様に購入してもらおうと案内して営業をしたとしても、最終的に他の不動産業者で物件を購入されてしまったのでは、一切利益につながらないからです。
そういった懸念があるのであれば、少し仲買手数料が安くなったとしても、自社での購入を確約したもらったほうが良いと考えられますよね。

売却と購入

これは少し限定された条件下にはなりますが、物件の売却も伴う場合に使える方法です。
売却と購入を一度に同じ不動産業者に依頼し、その際に「必ず売却と購入をあなたの会社で行うので、仲買手数料を値引きしてほしい」といった交渉をするのです。

売却と購入を同時に依頼されるというのは、不動産業者にとってはメリットの大きい話です。
なぜなら、売却時の手数料と購入時の手数料がどちらも入るからです。
売上が単純に2倍になるということであれば、その仲買手数料を少しぐらいサービスしても良いと考得てもらえるでしょう。
また先ほどの事例と同じく、あらかじめその不動産業者で必ず両方の取引を行うことを約束しておくのも、値引き交渉に応じてもらえるために有効な手段と言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る